教育方針・校訓・校歌・校章Education Policy, Motto, Song & Badge

校訓

個性、責任感、礼節、奉仕ということばを教育方針のキーワードとし、本校のミッションを果たすべく、日々努力しております。また、現在の校歌は昭和33年4月に制定され、校章も同じく、昭和33年から現在のものが使われています。

教育方針

基本教育法及び学校教育法に則り平和で民主的な社会人の育成を期する。

  • 1 生徒の個性を尊重し、その能力・適性の伸長につとめる。
  • 2 自主・自律の心をもった、責任感の強い社会人の育成につとめる。
  • 3 礼節を尊び、公共のために奉仕できる社会人の育成につとめる。

校訓

誠実 友愛 努力

校歌

木俣 修  作詞
沖 不可止 作曲

雲は騰がれり遙照山
見よやあまねき野の翠
鴨方ここに集ひ来て
われらは学ぶ声若く
思へよ共に 良き理想
明日あり つとに勤しまん
われら鴨方 鴨方高等学校
われら鴨方 鴨方高等学校

風は薫れり 丘越えて
聞けや花の香桃林
鴨方ここに拳りつつ
われらは鍛ふ意気高く
磨けよ共に よき知性
明日あり 夢を育くまん
われら鴨方 鴨方高等学校
われら鴨方 鴨方高等学校

空に輝く 天文台
星は夜ごとに冴え明る
鴨方ここに勢いつつ
われらは固む自主の歩を
果せよ共に よき使命
明日あり 清く羽ばたかん
われら鴨方 鴨方高等学校
われら鴨方 鴨方高等学校

校章

校章

校章の由来

本校の最初の校章以来白菊が使用されています。その由来は、白は清純・無垢を表し、菊は古くから高貴の花として尊ばれ、寒さに耐え咲く花であり、苦しい境遇にも我慢し堪え忍ぶことを表すものと考えたからだと伝えられています。また、大正七年に卒業生と在校生を会員とした白菊会ができ、その名称が校章に取り入れられたからでもあります。

現在の校章は、昭和三十三年、本校創立五十周年を期して制定されたものです。丸い十六弁の白菊を中心として円満さを表現するとともに、白菊の周りに菊の葉を三角形に配し、鋭さをも表し、男女に向くデザインとしました。しかも、昔時からの伝統を受け継いだものとしました。

校誌「遙照」より