校長挨拶Greetings from the Principal

平成31年4月8日

本校は明治41年に県下唯一の村立観生女学校として創立し、今年で、創立112年の歴史を誇る、伝統ある岡山県立鴨方高等学校です。
 平成8年に、岡山県下初の全県学区の「総合学科」の高校となり、今年度で24年目を迎えました。
 日々の校内外での様々な活動において、子ども達への声かけや、コミュニケーションをしっかりとることで、生徒にやる気を育て、「自分の生き方は自分で決める」ことができる生徒を育成するため、教職員一丸となって取り組んでいます。
 そうした中で、本校では、子ども達が、10年、20年先の社会に対応できるよう、「社会人基礎力」を育成するため、知識の詰め込み型の教育ではなく、時代や社会の変化に対応でき、主体的に学習に取り組み、学校を出てからも社会貢献できる人材の育成に努めています。
 今年度から、総合学科内の「系列・モデル」を再編して、4系列9モデルを用意し、1年次から各専門別に学ぶことが出来るようになりました。
また、義務教育での学びで、思うに任せなかった生徒には、各教科の中で、授業の始まりの時間帯での「振り返り」や、帰る前の終礼の時間帯で、10分間程度を使って、「基礎学力」の向上に向けて、きめ細かな指導を行っています。
夢を見つけるきっかけや、自分の夢に近づくために、生き活きと活動し、「自ら学び、自ら考え、自ら行動する」ことのできる、「自分の生き方は自分で決める」生徒の育成に向けて、教職員が一丸となって取り組む所存でございます。

地域の皆様や学校関係者の皆様には、本校の教育にご理解と、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

校長 石井 孝典

各行事の校長挨拶